サボテンのある部屋

オブジェ感覚で置けるインテリアグリーン

 

植物の中でも独特の形と存在感のあるサボテン。
インテリアに独特なイメージを加えて個性的な部屋にすることができます。

 
 

ぽつんとあるのが似合う

 
 

単体で、ぽつんと立っている感じの配置が似合います。砂漠に生えている感じだからでしょうか?色々な色の中にあるよりも、サボテンだけがグリーンという感じで目立つ方がやはり似合うように思います。

 
 
 

これも、コントラストの効いた配置で存在感でてます。何かのキャラクターがいるような愛嬌がありますね。

 
 
 

背の高い鉢に乗せて。目線近くまで位置を上げているのがおしゃれです。

 
 
 

部屋の隅にぽつんとある感じ。ある程度以上の大きさがあれば、やはりこの飾り方が収まりがいいでしょう。

 
 
 

階段の途中に。ここはもの置くのには唐突な感じもしますので、サボテン単体ではなく、陶器をあわせて置いて装飾の意図を強調していますね。

 
 
 

これも部屋の隅にあります。ソファの色とサボテンの色がアクセントになっています。他が無彩色なのでエッジが効いてます。
壁面に装飾らしき物が何もないので、サボテンの分量はこれくらいが丁度いいです。

 
 
 

シンプルな空間。ちょっとラフな雰囲気。そういう部屋に似合います。

 
 
 
 

乾いた空気が感じられそうな雰囲気。

 
 
 
 
 
 
 

小さい物はいくつか並べたり、寄せ植えしたりしてボリュームを作りますが、雰囲気は大きい物と同じくどことなくラフな感じになりますね。

 
 

どの部屋もどことなく共通した雰囲気があって、モダンか、男性的な雰囲気になるようです。

あまりたくさんグリーンは置きたくないけど、何かないと無味乾燥になってしまう。そういう空間にちょっと置くのがいいです。
あまり手間もかからず、長持ちしやすいので忙しい方にもおすすめです。

 
 

出典:HOUZZ

こんな記事も読まれています





◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報