Macがある部屋の風景 〜リビング編〜

リビングに置いても絵になる

前回に引き続き、Macのある部屋、リビング編です。リビングルームとリビングっぽい感じの部屋全般で集めてみました。

 
 
 
 

リビングの一角に

 

 どうやら説明にはホームオフィスとありますが、日本の住宅事情ならこれは間違いなくリビングルームです。これでも十分広いです。

 
 

 この横にテレビを置くくらいで丁度親近感が湧く部屋の大きさです。

 
 

 ちょっと東洋趣味なリビング

 
 

 TVの収納と合わせて考えるのが配置しやすいと思います。

 
 

造り付け家具が多い

 

 部屋の一角に書斎コーナーのように作り付け家具が作られているのが多いです。

 
 

 壁面いっぱいに造り付け棚。天井が高いですね。

 
 

 これも広いリビングの壁面を一面収納にしてありました。白い縁と中が黒くてコントラストがついているのが引き締まって見えます。Macの黒い画面と、アルミの箱との取り合わせによく合います。

 
 

 これも一面が造作家具です。リビングの収納を補う意味でも使いやすいと思います。

 
 

 部屋の一面がカウンターで、その上にMacを置いてあります。反対側にソファ。割とコンパクトな部屋です。

 
 

 TVキャビネットとつながったPCデスク。ちょっと殺風景で寂しげです。デコレーションはもう少し考えたいところ。

 
 

 部屋の色調によく似合った造作家具でしっかり作り込んでいます。リビングに隣接して、ちょっと家具で囲むような感じでPCコーナーを作るのもいいと思います。

 
 

 これも重厚な色合いの部屋。TVの脇だとだいたいこういう収まり方ですね。

 
 

 ホテルの部屋のような高級感のある色調のインテリアです。ワーキングチェアがありますが、座面をベージュにしてあるので意外としっくり溶け込んでいますね。

 
 

 これも、リビングの中に自然にスペースが取られています。

 
 

 階段ホールとつながったセカンドリビングのような空間です。リビングと別に、こういう空間があってもいいですね。

 
 

 これはだいぶモダン・ハイテックなイメージ。発色のいいオレンジがかなりインパクトあります。こういう未来的な空間にもMacはよく似合います。

 
 

デスクを隣接して

 

 ソファの背の部分にデスクをつけて、PCコーナーを作っています。この配置結構いい場所だと思います。ソファの背の部分は間が抜けて見えやすいので、丁度いいです。

 
 

 これはガラスのデスクをつけて。ちょっとソファ側から見るとデスクの質感が浮いてしまいそうですが、シンメトリーに置かれたスタンドでどうにか調和をとっています。

 
 

 白い家具にきれいに溶け込むiMac

 
 

 ちょっと張り出したカウンターの部分だけがPCコーナーです。Macは背面から見てもきれいなので、こういう配置でもすっきり見えます。

 
 

 さりげなーく、ちょっとしたスペースにきれいに収まっています。

 
 

カジュアルな部屋も似合う

 
 

 グリーンのテーブルとストライプのスツールがカジュアル。額縁の配置もランダムでスタイル決め過ぎず、肩の力の抜けた感じ。こういう部屋のMacは気が利いた文房具のような感じに見えます。

 
 

 趣味の部屋と、リビングを兼ねたような感じ。この囲まれたような感じもいいですね。

 
 

 これも好きな物を気ままに並べたような、リラックスした雰囲気の部屋。クリエーターっぽい感じ。デザイナーの方、こんな感じでいかがですか?

 
 

 遊びの部屋。子供と楽しく過ごすにはこういうリビングを作ってもいいかもって思いました。

 
 

 これもリビングだそうです。ちょっと賑やか過ぎるかもしれません。ワンルームの一人暮らしで気ままに使うなら、これもまたいいかも。

 
 

 面白い色合いのライティングデスクです。MacBookなら、こんなライティングデスクに置くのが素敵だなあと思います。

 
 
 
 

アメリカなど住宅が広い国ではフォーマルなリビングと、家族のリビングとが分かれていたり、TVやPCを置く部屋が分かれていたりします。日本ではリビングは来客や家族の団らん、TV・PCの視聴などは一部屋で兼用になると思うので、みんなリビングとして分類してみました。
仕事だけでなく、生活の中で欠かせない存在となったPC。Macならリビングに置いていてもインテリアとの調和も悪くないと思います。

 
 

出典:HOUZZ

こんな記事も読まれています





◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報