紫陽花を飾る

梅雨の季節が近づくと思い出す花。紫陽花(あじさい)。母が好きな紫陽花は庭に植えられていて、梅雨の季節になると薄紫色の花が咲いていた。子供の頃の梅雨の景色には紫陽花がある。
紫陽花は薄紫だけでなく色々なカラーがあり、部屋の雰囲気に合わせやすく、ボリューム感があるから、見栄えがする。

20140430-084623.jpg

20140430-084748.jpg
La Dolce Vita
薄紫の紫陽花に合わせてクッションを置く。部屋に統一感が出る。全体を白でまとめて、紫陽花の色を利かせる。

20140430-125159.jpgEverything Beautiful
スタンド照明、ソファの色に合わせた紫陽花を飾る。色味を合わせて。

20140430-184654.jpgBETTER HOMES
壁に飾った絵とソファの色に合わせて。濃いブルーの紫陽花もインパクトがある。花瓶の色も合わせることで、ブルーをより印象づける効果がある。

20140430-185039.jpg
BETTER HOMES
真っ赤な紫陽花もボリュームがあり、華やか。クッションの色と合わせて部屋の差し色にして。

思い出の花を部屋に取り入れて、花のある生活を楽しむのもいい。

▼関連商品をamazon.comで探す。

こんな記事も読まれています



◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報