春のラグ part2

もっとカラフル・フローラル

春と言えばやっぱり花、カラフル。そんな花畑に下り立ったような色彩がいっぱいの春のラグです。part1はこちら

 
 
 
 

カラフルな花をいっぱいに

 

本当に花畑のようなラグ、春だけ限定でこういうラグ敷いても変化があって楽しいと思います。

 
 

まさに春、な色使い。若干ネオンカラー入ってます。ちょっと目がチカチカしそうだけど、かわいらしーい色合いです。

 
 

これは子供部屋らしい、どうにも不思議なラグ。芝生っぽい感じ?

 
 

色の洪水的な、カラフルフルなラグ。真っ白で飾り控えめな壁面といいバランスで収まっています。

 
 

壁面のウォールステッカーと共通させてコーディネート。ちょっと春夏向けには厚手な感じのラグなのでこれは全体のまとまり優先で通年このスタイルでいくのかなって感じです。

 
 

ペラっとした感じのカジュアルなラグ。春夏通していけそうです。カーテンの色が重めなのでこれくらいもってきた方がバランスいいです。照明と感じが合っています。

 
 

これも木目の面積多めで落ち着いた感じなので、ラグで賑やかな感じを出しています。

 
 

モノトーンに近い色調の部屋。ビビッドなカラーが映えます。

 
 

シンプルな部屋。様々な色の糸で織られたラグは部屋に変化のある表情を与えてくれています。
モダンな空間にこそ、こういう素材感のある敷物を置くといいですよ。

 
 

このラグも通年敷いているように感じますが、ベッドスローの色合いと合わせると春っぽい装い。ベッドカバーやピロー、クッションなどの組み合わせで季節感出せそうです。

 
 

発色が良くて、映える色合いのピンクのラグ。モノトーンベースの空間なので、アクセントカラーを変えるとまた違ったコーディネートが楽しめそう。

 
 

あわーい色合い・花もよう

 

彩度を落としていくとやっぱり落ち着いた雰囲気になります。強い色が来るとどうしてもモダン、ポップな感じになっていきますので、落ち着いた感じの家にはトーンを落としたラグの方が似合うかもしれません。

 
 

淡い色調の葉柄の丸いラグ。落ち着いた色調でラグジュアリーな感じになります。

 
 

アメリカンホームデコレーション、って感じのトラディショナルなスタイルの部屋です。ラグはこれくらいでいいんじゃないでしょうか。あんまり渋いと、部屋全体が沈んで見えてしまいそうです。

 
 

草木柄も大柄だとカジュアルな感じですね。このラグに合わせるにはラフすぎる家具はもう少し頑張った方がいいと思います。

 
 

きれいなパステルトーンの部屋。平面的な調子なので柄物を加えるとバランスがいいです。ちょっと渋めのトーンも周りの色合いを抑えてバランスを取っている感じ。

 
 

目立ち過ぎず、地味すぎず、がらんとしたホールを飾るにはこれくらいの色合いの柄物がバランスがいいですね。

 
 

物が多い部屋なので、ラグの色調が淡い感じなのは、うるさく見え過ぎず丁度いい感じだと思います。ちょっとずつ、ラグの色を取って椅子の張り地などを選んでいるので、雑然とした中にも、まとまり感も出ています。

 
 

花模様のような、幾何学模様のような、配置された色合いは強めですが子供部屋らしい感じですね。
丸い形も春らしい楽しさを演出してくれています。

 
 
 
 

春は何か、新しいことがしてみたくなる季節です。今までと違う部屋づくりに、ラグを替えてみるっていうのはどうでしょうか。
面積が大きいので、ラグとかカーテンを替えるだけで季節感が演出できます。
季節でインテリアをローテーションするのって、楽しいですよ。

 
 

出典:HOUZZ

▼関連商品をamazon.comで探す。



http://www.sukhi.jp

海外のデザインラグを直販でリーズナブルに。

こんな記事も読まれています



◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報