[clip]茶xベージュ+白 寝室 チョコレートなカラーリング

IMG_4622.JPG
IMG_4626.PNG

茶系の色で整えられた寝室は温かみのある上品な空間になります。ホテルっぽいインテリアのイメージがありますね。
壁のチョコレートブラウンと床のベージュを基調に、各要素にそれぞれの色をうまく組み合わせています。
壁の色に近い物を床のほうに、床の色に近い物を壁の方に持って来て、両方の色が混ざり合うようにしてあります。
床に置く家具は茶色のもの。壁にかかるベッドヘッドと、柱の部分、カーテンにベージュ系の色合いを合わせています。
全体が暖色系の柔らかな色合いに包み込まれてリラックスした雰囲気を演出しています。
真っ白な部屋よりも落ち着いた感じになるのは、白というのが以外と印象が強く、目に入る部分で視覚的に刺激を受けているからです。自然に近い色、アースカラーと呼ばれる色調が目には優しく感じます。
その白を効果的に使ってメリハリをつけています。ここではベッドリネンを中心にして白を加えてわざとコントラストを生じさせ、モダンさと清潔感を強調しています。
スタンドなど、少し離れた部分にも白を置くことで統一感がでます。
さらにモダンな部分を強調するためにクロームの小物を配置していますね。
これがあることで、部屋全体がとても洗練されて見えてきています。
小物づかいは部屋のデザインの意図を表現するのに使われています。飾りというのは単に無意味なものではなく、部屋の一部としてスタイルを形づくるのに必要なものです。ファッションで言えばジュエリーやバッグのようにワンポイントを作り上げる重要なアイテムなのです。
素敵なインテリアの空間には必ずと言っていい程、気の利いた小物づかいがされていたりします。

出典:homedit

関連する記事




◀前のページにもどる
◀ホーム