壁を白黒のストライプにする

壁を白黒のストライプにする。一緒に合わせるアイテムによって、白黒のストライプも印象が変わって見える。

【 ナチュラル素材と合わせる】
20150220-231741-83861189.jpg
better homes
白く塗装されたレンガやアンティークな木製のコンソール。シャビーな素材に白黒のストライプを合わせる。エッジの効いたストライプはラフな素材の中でスパイスとなっていて、都会的な印象となっている。
【 曲線を加える 】
20150220-231918-83958021.jpg
refinery29
コントラストのはっきりとした白黒ストライプは縦の線が強調される。直線が多くなるとインテリアに静寂がうまれ、モダンなインテリアとなる。エッジの効いた白黒ストライプのかっこよさを取り入れつつ、単調になりすぎないように、エッジが効き過ぎない様に、写真のように曲線を入れて、インテリアに動きをプラスする。

【 ストライプの幅を広げる 】
20150220-232252-84172689.jpg
interiors by studiom
水廻りで白黒ストライプを取り入れる場合、黒の分量、ストライプの幅に気をつけて。一般的に清潔感と爽やかさを求められる場所だから、黒の分量が多くならないように。明るさを確保する為に、衛生陶器、鏡他を白に。また、ストライプの幅も、太めのストライプにして。隣り合う2色の淡い色は濃い色に飲み込まれる。幅が狭いと黒の印象が強くなるから、面としてはっきりと見えるように、太めのストライプにして。

【 柔らか素材を合わせる】
20150220-232449-84289243.jpg
house beautiful
シャープな印象の白黒ストライプにフェミニンで柔らかな印象のカーテンを合わせる。曲線を合わせて、印象を和らげる。

【 黒の分量を増やす 】
20150220-233105-84665747.jpg
la dolcevita blog

黒のアイテムをプラスする。重厚感が増し、ラグジュアリーなインテリアになる。また、あえて自然素材のラタンのカゴを置いて、少し外すテクニックは真似したい。

コントラストが効いていて、取り入れるのが難しそうな白黒ストライプも合わせる素材で印象を調整すれば、かっこいい。

▼関連商品をamazon.comで探す。

こんな記事も読まれています





◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報