カーテン 〜ボックスプリーツ〜

様々なスタイルのあるカーテン。ヒダの取り方だけをみても数十種類はある。ヒダの取り方の定番中の定番は、三つ山ヒダ。どのインテリアスタイルにも合う癖のないスタイル。三つ山よりも少しスッキリさせたい場合、試したいスタイルはボックスプリーツ。
20150308-231828-83908910.jpg
20150308-231934-83974960.jpg
home bunch
山を取っていないスッキリとした上部だけどしっかりとドレープが出ているから、優雅さがある。
20150308-232055-84055268.jpg
drape palace
ボックスプリーツの内側の色を変えれば、色の出方が面白いスタイルとなる。
20150308-232212-84132393.jpg
high street market
山を取ったスタイルで横幅のある窓を覆うと上部に凹凸が出過ぎてうるさく感じる。ボックスプリーツならしっかりとドレープを出しながらもスッキリとさせることができる。
20150308-232435-84275059.jpg
details pattern company
ボックスプリーツの上部をアーチにする。より、軽やかな印象となる。
20150308-232611-84371732.jpg
better and home
ボックスプリーツならプリーツ部分にボタンを付けて、可愛らしく、一手間入れたカーテンスタイルにしたい。
20150308-232820-84500303.jpg
flickr
アーチの窓や開閉しないことを前提としたカーテンには上部が凹凸がないボックスプリーツでスタイルを決める。ストレートな上部でもドレープが出るスタイルは、今時な気分。優雅なシンプル。そんなスタイルが今っぽい。

カーテンのヒダで印象が変わるから、布地も大切だけどスタイルに目を向けてカーテン計画を進めたい。

無地の布地もスタイルでグッとかっこよく見える。



◀前のページにもどる
◀ホーム


COMMENT ON FACEBOOK