パーラービーズで部屋を飾る

おもちゃ売り場やDIYショップで見かけるパーラービーズ。専用のボードにビーズを並べて、アイロンで温めるとビーズとビーズがくっついて、アクセサリーやキーホルダーなど作ることができる。子供でも楽しめるもの。
 作り方が簡単だからこそ、DIYで室内を飾って楽しんでみよう。

モノトーンの台紙にパーラービーズで作った雪の結晶やハート型を乗せる。上写真は招待状のアイデア写真だけど、シルバーや黒、モノトーンの額に入れて壁に飾ってもいい。

星型に作ったパーラービーズに紐を通して、天井から吊す。白い壁によく映えるシックな色味で、大人っぽく。

伝統的な編み物のパターン模様をパーラービーズで作る。幾何学模様でも一粒一粒が丸いパーラービーズだから柔らかい印象になる。

目や口を入れないでシルエットの単色の動物なら大人っぽく、モダンな雰囲気になる。インテリアで使った差し色で作って、統一感をだす。


パーラービーズは平面を組み合わせる事で立体的にすることもできる。ダンボールアートのアニマルヘッドも作ることが可能。

あらかじめ、パーツを差し込む部分を空けて作る。出来上がったパーツを組み合わせ立体的にする。

パーラービーズの図案は、色々なサイトで紹介されているが、キャラクター物の図案が多い。大人っぽく、かっこいいパーラービーズを目指すなら、刺繍のクロスステッチの図案やピクセルアートを参考にしてみるのもいい。

子供のおもちゃだと侮るなかれ。インテリアに使えるデコレーションアイテムを作ることができるパーラービーズで部屋を飾ってみよう。

こんな記事も読まれています



◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報