[cut]紫色に染まる部屋

カラーリングが統一された空間は雑然とした日常の生活空間とは全く違う深く強い印象をそこに居る人々にもたらします。目に飛び込んでくる情報の種類を揃えることで頭の中が整理されて、物事に集中できたり、深くリラックスできたり、特別な場所であるという認識をもったりすることができるのです。

海外サイトhomedit.comから、プラムと呼ばれる深い紫をカラーテーマにした記事を紹介します。

20140409-005350.jpg
リビングの壁の一部をアクセントウォールとしてテーマカラーを加え、他の要素をあわせてカラーコーディネートしています。

20140409-005410.jpg
独立したダイニングルームはテーマ性をもたせた演出がしやすい場所です。
紫のグラデーションでカラースキームを構成しています。

20140409-005418.jpg
紫をベースに、黒をアクセントに加えて非日常感のあるシーンを作っています。
光沢があるシルバー系のアクセサリーがよく似合います。

20140409-005426.jpg
この色は寝室に向いていると思います。
壁面の色を強調するように、あえて装飾は少なめに、色に包まれるような空間です。

20140409-005434.jpg
あらゆる物を均一に、一色に塗りつぶしたかのような部屋。特別感のある場所となっています。スツールの張り地やカーテンなど、ペンキ以外の質感のものもキチンとカラーコーディネートするのがコツです。ゲストルームなど、普段使いでない部屋などに。

やっぱり神秘的な印象の紫系のカラー。
リンク先にはもっとたくさんの事例が紹介されています。あわせてどうぞ。
出典:
homedit.com/
dipped-plum-monochromatic-rooms


こんな記事も読まれています





◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報