傘立ての選び方のコツ

日本の気候風土では、一年を通して必要な傘。傘をしまっておく傘立てもエントランスでは必須品目。エントランスのインテリアを考える際に外せないもの。
インテリアの雰囲気を壊さないような傘立てを選びたい。

20131101-083842.jpg

白壁のナチュラルなインテリアには、目立たせないように白い傘立てをチョイスする。質感だけは雰囲気に合わせて、陶器でできた少しざっくりしたものにする。

20131101-121550.jpg

上の写真と似ているインテリア。ブリキの傘立てもこのインテリアによく似合う。バケツのような形にすることで、一見すると傘立てには見えない。インテリアに馴染ませて、さらに雰囲気をアップさせるアイテムになっている。

20131101-123211.jpg

ミルク缶を傘立てがわりにする。大きさ、フォルム共にちょうどいい。ナチュラルなインテリアにも似合う。

20131101-123500.jpg

ミルク缶のような形をしたツボを傘立てに。お揃いのサイズ違いを用意して、傘立ての脇に置いて、枝や花を飾ってもインテリアのポイントになって良さそう。

20131101-124007.jpg

あえて傘立ての存在を消すのも一つの手。モダンにまとめる時にオススメ。さしておく傘の色もこだわるとよりいい。

20131101-124234.jpg

福を呼ぶと言われているフクロウ。その形をした傘立てをエントランスに。福を招いて、憂鬱な雨も幸せ色に。

20131101-124521.jpg

エントランスだから、ブーツの形をした傘立てにする。遊び心がインテリアのスパイスとなっていて素敵。

雨の降っていない日は靴収納に傘を入れておいて、雨で濡れた傘は傘立てに入れるようにすれば、万年ゴッチャリの片付かない感じにはならないので、使い方としてはそのようにしたい。

インテリアの雰囲気に合わせて傘立ては選びたい。

出典 : Houzz

こんな記事も読まれています





◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報