形の違うダイニングチェアで

ダイニングチェアといえば、全部のチェアをおなじものにするのが主流だけど、形違い、色違いで並べて見るのも面白い。リズム感を楽しんで!

20140316-080155.jpg
背もたれのデザインだけが違うダイニングチェアを並べる。形違いのチェアを並べる場合は、何か一つの要素を合わせることがポイント。この写真は、素材と色を合わせている。

20140316-110548.jpg
色を合わせて、ダイニングチェアを並べる。色を合わせれば、形が全く違ってもまとまり感がある。白という定番色のダイニングチェアでも、形を変えることで単調にならず、楽しい。

20140316-111545.jpg
形と色が違うダイニングチェア。仲間を作ってあげてまとめる。2脚のグリーンと4脚の白いチェア。仲間がいることで、浮いた存在にならず、部屋のポイントとなる。揃えたところは、座面の形。統一して丸にしている。

20140317-083926.jpg
チェアカバーを色々な柄と色にする。形が一緒だから、まとまり感がある中でリズムが出ている。

20140317-183642.jpg
形を同じにして色を変える。写真のように鮮やかな色味で、思い切ろう!軽快で元気の出るダイニングになる。

色、形を変えることでインテリアのグレードがグンと上がる。こだわったダイニングチェアでこだわりのインテリアに!

出典 : Houzz

こんな記事も読まれています



◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報