名作家具が飾る部屋:ヤコブセンのエッグチェア 黄〜緑〜青

カラフルなのが楽しい

以前にも紹介したヤコブセンのエッグチェアですが、今回はイエロー〜グリーン〜ブルーまで
ポップな色合いがアクセントカラーになるカラフルな張り地の物を集めてみました。

 
 
 
 

元気になるイエロー〜オレンジ系

 

 一色加えると、部屋に活気をもたらして見てる方も元気になってくるのが黄色系の家具です。

 
 

 珍しい黄色の革張り、ポットカバーと夕焼けのアートと色を合わせて。

 
 

 ベージュに近いカラーリング。彩度を落とすと主張し過ぎずに無難にまとまります。黄色はベージュ〜アイボリー系のインテリアカラーにも合わせやすいですよ。

 
 

 壁紙と少しだけ色を合わせて、同系色のオレンジと濃淡をつけたテーマカラーに。ちょっと入っているライトブルーがアクセントカラー。

 
 

 濃い色の床と壁。ブラウンのソファだけでは色調が沈んでしまいます。イエローを加えて、同系色でまとまりすぎるのを防ぎます。

 
 

 色彩があふれる部屋。水玉のウォールペイント、丸いラグ、円筒形のピローなど各エレメントの形もラウンドフォルムで揃えられています。

 
 

 割とオーソドックスなカラーリングなので、ラグとエッグチェアのオレンジがアクセントに使われています。

 
 

 赤、黄色、オレンジの組み合わせ。前衛的ですね。

 
 

モダンなグリーン系

 

 北欧らしいカラーです。原色なグリーンではなく黄緑系統の色か、彩度を落としたモスグリーンのような色合いが気分ですね。

 
 

 ほぼ真っ白な空間に、グリーンはよく似合います。クリーンでカジュアルな空間です。北欧モダンの見本のようなコーディネート。

 
 

 空間が軽めで直線的なのでエッグチェアとダイニングチェアのちょっと曲線的なラインが緊張感を和らげて、殺風景にならないように程よくアクセントを付けてくれています。

 
 

 センターからオフセットされた、モダンなスタイルの暖炉。脚の細い家具で揃えられているのがモダンな空間をシャープにまとめています。

 
 

 これも真っ白に近いカラースキームですが、グリーンのエッグチェアが主張し過ぎない程度に部屋に彩りを加えてくれています。

 
 

色の濃さで印象が変わるブルー系

 
 

 水色のアイテムはとってもモダン。そしてポップ。部屋が踊りだしそうな楽しい雰囲気になりますね。ピンクとの色合わせもいいです。

 
 

 子供部屋にも似合います。水色が好きな子供って多いですよね。

 
 

 彩度を下げるとブルーはグレーに近い色調になります。この部屋はアクセントの赤を引き立てる役割でブルーグレーがよく似合っています。赤がきれいに見えますね。

 
 

 白と水色は爽やかな組み合わせで万人に好まれるカラーリングです。適度に鮮やかさを抑えた、大人っぽい色合いのブルーです。

 
 

 ほとんどグレーですが、ほんの少し青みが入った張り地です。明るい床の色にはこのくらいの色がよく似合います。

 
 

 上品なカラーリングのLDK まとまりすぎて少し物足りないかな。

 
 

 濃い青はインテリアの色合わせでは難しいカラーの一つです。ちょっとポストモダンっぽいカラーリングのお部屋です。好みが分かれますが、エッグチェアの青は発色がよくてとても格好いいです。

 
 

 少しくすんだ濃いブルー。レトロな雰囲気のカラーです。名作の家具で揃えられたミュージアムのようなリビング。コレクターならこういう部屋、作ってみたいですね。

 
 
 
 

エッグチェアのフォルムには、カラフルな張り地がよく似合います。カラーバリエーションもたくさんあって色を選ぶのが楽しくなる家具の一つです。
ちょっと淡いグリーンとか、ブルーとかの張り地はいかにも北欧インテリアといった感じで、ファンも多いのではないでしょうか? 

 

出典:HOUZZ

こんな記事も読まれています





◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報