[snap]古材のアクセントウォール

IMG_4171.JPG

白い天井と黒い床に挟まれた壁面に、どっしりとした古びた質感の木材が横たわっています。こういうアクセントは横張りにしていくとモダンな雰囲気になります。一部だけでもこういう壁面があるだけで部屋の印象はとても強いものになります。年月を経た材料だけが持つ表情の豊かさによって、空間全体が深みを増して見えてくるのです。
大量生産された材料ばかりをつかう現代の住まいにはなかなか用意できない装飾です。新築やリノベーションなどで新たに手を加える機会があれば、古材のフローリングなどを壁に張ってもらうのもひとつの方法です。
その時によって手に入る材料の風合いが違うので作る側からすると仕上がりのコントロールがしづらく、なかなか提案しにくいスタイルでもあります。
こういう装飾をオーダーする場合はイメージする雰囲気の写真を見せて仕上がりの方向性を作り手と共有するのが大切です。それと共に一点物であることも忘れずに。厳密におなじ物はないと考えた方がいいです。
色や質感のディテールを追求するよりもだいたいこんな感じ。という感覚でラフに考えたほうが窮屈にならず楽しいですよ。

出典:elledecor

▼関連商品をamazon.comで探す。



◀前のページにもどる
◀ホーム


COMMENT ON FACEBOOK