clip:紫xグレー リビング

20140301-212909.jpg
20140301-212919.jpg
https://twitter.com/sherrynothingam/

濃いピンク、あるいは紫をベースカラーにグレーを合わせるカラーリングはなかなかおしゃれなのですが、インパクトが強いせいか無難なカラーリングをよしとする方が多いので、実現する機会はあまりないカラーリングです。
発色のよい紫の方を壁などの大きな面に大胆に取り入れて、家具や棚などの面積が小さい部分にグレーを加えて色合いを引き締めます。
紫を背景にした、白い色のものを置いたときの見栄えの良さは特筆ものです。
紫もグレーも、どちらかと言えば重い色合いなので、アクセントに入れるカラーは白など明るい色がバランスがいいですね。紫は他の色合いと合わせると余り綺麗に見えなくなる印象があります。余り沢山の色を使わずに明快なカラーリングの方が似合うと思います。
この写真の部屋は少しだけオレンジの物を置いています。
壁面のカラーリングが単純な分、床面にパターンを入れて個性的な部屋にしてあります。タイルでパターンをつくってありますね。これはたぶん壁面が白だと床のパターンは唐突すぎて綺麗に見えなかったと思います。
インテリアのカラーリングは飽きがこないようにと、とかく無難な物になりがちですが、かといって一生使うものでなくてもいいのではないかとも思います。
10年、20年単位で気分を変えて、内装を変えながら暮らすことも悪くないですよ。インテリアもファッションと同じように色々な自分を表現するものです。
暮らしを楽しみ、人生を楽しむインテリア。無難からちょっとはみ出して新しい自分に出会ってみるのはいかがでしょう。

こんな記事も読まれています





◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報