壁に大きな鏡 〜ミラーウォール〜

インテリアの一部として壁一面を鏡にする。インパクトのあるインテリアでワンランク上を目指そう!

20140306-183812.jpgdesign traveller
床から天井まで鏡をかける。部屋全体は、デコラティブな廻縁を壁と同色に塗って、デコレーションの凹凸を楽しむインテリア。そこにあえて、黒系の濃い色の鏡額縁にして、目線をひきつける。額縁の中を鏡にすることで、抜け感がでて、圧迫感がないから、部屋が広く見える。

20140306-185113.jpgapartment therapy
鏡を建築の一部として入れ込む。パネリングされた中央を鏡にして、整然と規則正しく並べることで、静けさの中にも鏡という個性を入れて。品よくアピールする。

20140307-130639.jpgApartment Therapy
大きな鏡を壁に配置する場合、一般的な鏡だと映り込みが気になる場合もある。そんな時は、アンティーク加工された鏡にする。映り込みも軽減され、風合いも面白い。

20140307-131552.jpgTurquoise, Tulips and Bliss
壁一面を鏡にする場合は、アンティーク加工されたものがおすすめ。

20140307-140447.jpgApartment Therapy
コンソールの後ろに大きな鏡。部屋に奥行き感がでる。前に置いたコンソールも映り込みのするシルバーで。

部屋を広く見せる効果もある鏡。上手に使って、インテリアを楽しもう。

こんな記事も読まれています



◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報