リビングにグリーン 〜多肉植物を飾る〜

オブジェのような形が面白い、飾りやすいグリーン

多肉植物はサキュレントと呼ばれる葉の中に水分を溜める植物の総称でサボテンなどの仲間です。
インテリアではその面白い形が絵になることと乾燥に強く育てやすいことから室内のグリーンとして人気が高いアイテムです。
飾り方も色々。モダンからエレガント、カジュアルな物まで様々なスタイルに似合います。

 
 
 
 

センターテーブルに

 

 センターテーブルの真ん中にちょっと飾るのにちょうどいい大きさです。容器を工夫したり、他のアイテムと組み合わせて様々なアレンジが楽しめます。

 
 

 手の上に寄せ植え

 
 

 磨き込まれたメタリックの鉢もきれいです。ちょっとモダン。

 
 

 エレガントな空間にも映えます。

 
 

 テーブルに埋め込んで

 
 

 氷のようなガラスの容器

 
 

 左右対称に飾ればかちっとした感じになります。

 
 

 これはテーブル?

 
 

 さっぱりした空間ですが、隅の寄せ植えが住宅らしく優しい雰囲気にしてくれます。

 
 

 トレイの上にアレンジするとまとめやすいし、片付けるのも楽ですよ.

 
 

 メタリックな物と、丸太の荒い質感の対比がいいですね.

 
 

 こうやって細長く植え込んだりするのがモダンです。

 
 

 ハイテックな質感とぽってりしたフォルムの陶器の組み合わせ。

 
 

 庭から持ってきたみたいな寄せ植えの鉢。開放的なこの部屋の雰囲気には合っています。

 
 

 同じ形状の物を複数並べるのもモダンっぽいレイアウトの定番ですね.

 
 

 はっきりとしたカラーリング。寄せ植えはミスマッチでちょっと緊張感を和らげています。

 
 

 サンルームのようなコーナー。

 
 

カジュアル・リラックス

 

 複数のデザイン要素をミックスして、賑やかでカラフルな空間に。

 
 

ちょっとラフなテイストのアイアンの家具と小降りなシャンデリアとの組み合わせが気楽な雰囲気を上手く表現しています。

 
 

 いろんなテイストの家具を並べて、自由な雰囲気で。

 
 

 ラタン、リネン、ブリキのプランター。ほっこりしたナチュラルテイストの組み合わせ。

 
 

 これもラフな感じで、テイストをまとめ過ぎないように散らかしてあります。

 
 

 

 
 

 カラフルでポップ。レッドとグリーン、イエローとブラック。コントラストの強い組み合わせを混ぜて躍動感のある色合わせ。

 
 

 一つずつは小さな植物なので、寄せ植えにしておくとボリュームが出て、程よいアクセントになる大きさに調整できます。

 
 

棚の間に

 

オブジェのようにして飾ってもいいですよ。

 
 

 ほそながーい寄せ植え。奥行きのない場所に。

 
 

 小さなポットで窓際にならべて。

 
 

 アイアンと木の組み合わせ。ラスティック。

 
 

 ガラス・メタルの組み合わせは当然とてもモダンに見えます。

 
 
 
 

様々なテイストに合わせて置かれた多肉植物。
ガーデニングが趣味という訳でもないけど、ちょっとはグリーンを飾りたいっていう気分にちょうどいい感じのディスプレイです。特にモダンテイストでインテリアを揃えてる方にはおすすめです。

 
 

出典:HOUZZ

 


こんな記事も読まれています



◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報