clip:黄色x紫 ベッドルーム

20140305-212650.jpg
20140305-212659.jpg
https://twitter.com/verandamag/

賑やか。それでいてどことなく上品さもただよう不思議なコーディネート。
普通の人にはまずこなせない色使いです。
ベースカラーがアクセントに使うような原色に近い黄色となっていて、それが一番のポイントです。クラシカルなモールディングが施された壁面に鮮やかな色彩が陰影を作り、どことなく現代的な印象もあります。
対してカーテンは渋い色合いの紫。派手な黄色の印象を抑える役割を果たしています。
同じく、くすんだ薄い緑の額と椅子の張り地も抑えの色として効果的に配置されています。
奥の部屋にも同系色のシェードがあしらわれてつながり感も演出しています。
床のアニマル柄のカーペットに至っては、どうしてこれを選んだのか理解に苦しみますが、不思議と壁との対比は悪くないです。

派手でありながらシック。
お仕事でこんなコーディネートしたら問題になりそうなほど高度なカラーリング。色彩の自由さと奥深さを感じる空間づくりのサンプルでした。

こんな記事も読まれています



◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報