[clip]白x黒いアクセントウォール 寝室

20140728-040213-14533100.jpg
20140728-040223-14543594.jpg

白くペイントされたレンガの壁の凹凸感と、フラットな黒いベッドヘッドウォールの質感と色で表現されたコントラストが印象に残るスタイリッシュな寝室。
ベッドヘッドにはほぼ無地に近い紙が額に入れられて飾ってあります。この紙のざらついた質感も黒い壁のフラットな感じと対照的で面白い組み合わせです。
文字だけで表現されたシンプルな装飾もこの部屋の割り切りのよいスタイルを上手く表していると思います。

ベッドは非常に低いスタイルのとてもモダンなデザインのもの。ベッド自体のヘッド部分はごくシンプルで、装飾の役割は壁面の側が担っています。
クッションやスローに白黒の物を合わせて壁面の色構成をベッドの部分にも同様に繰り返していますので、パッと見の目線に入る視界はモノトーンで綺麗に統一されています。大きな面ごとに白黒で構成されているので目にもすっきりと映って、部屋にいても目移りがせず頭の中もすっきりとしてくるような感じです。
寝室なので、こういう目線の動きへの配慮がされていれば心理面からもリラックスしやすい空間が作れます。

床に目を落とすと、ナチュラルな木目のフローリングに踏み心地の良さそうなラグが敷かれていて質感としては壁面とは対照的に触感の良さを重視した優しい雰囲気です。天井にも板張りがされていて、横になった時にはこちらが目線に入るようになります。これも質感を感じる目に優しい仕上げかと思います。

壁面はすっきりとして、床と天井はナチュラルな雰囲気を作り、目から入る印象を巧みにコントロールして居心地の良さを演出している部屋となっています。
シンプルな暮らしを好む住まい方によく似合う部屋作りがされていますね。

出典:crdecoration

▼関連商品をamazon.comで探す。

関連する記事




◀前のページにもどる
◀ホーム