[cut]ベッドまわりのイルミネーション

就寝前にリラックスした時間を過ごして心地よく眠りにつくなら、ベッドまわりの照明の演出で雰囲気を作るのがおすすめです。街路樹や建物のイルミネーションに使われるテープライトを使うと星がまたたくようなロマンティックな照明が簡単に作れますよ。
海外サイトhomeditから、テープライトを使ったベッドまわりの演出をご紹介します。

天井に吊るす

IMG_4517-0.JPG
天井のリングからレースとライトを下げて、光の柱を作ります。レース越しに通すと光が柔らかくなって目がチカチカしにくくなります。目線の高さに近いところに光源を持ってくる場合は眩しく見えないようにセードの役割を果たすものがあるといいです。

壁に這わせる

IMG_4516.JPG
壁面に図形を描くように這わせて光のラインでベッドヘッドを型どっていきます。このように一筆書きの要領で絵柄を表現していくのもユニークなアイデアです。光の点線による表現になるので単純な形の方が分かりやすいですね。

壁から垂らす

IMG_4519.JPG
これも壁から下げる飾り方。カーテンレールを掛けてレースを吊るし、ライトをガーランドのように二点の間に垂らしてヘッドボードのように使っています。
ベッドの上にレールを掛けておくとカーテンやその他のものを掛けたりと応用が効くので便利です。

天蓋をつくる

IMG_4518.JPG
天井の照明と一緒にレースを掛けてベッドを覆ってしまいます。
テントのような天蓋の形を作りつつそこに沿ってイルミネーションを垂らします。垂らしたランプはそのまま床の方へと降ろして床のほうを照らしています。
光に包まれる幻想的なベッドルームです。

ナイトスタンドに

IMG_4520.JPG
モダンなイルミネーションの使い方。
壁にピンを打って引っ掛けます。無造作に掛けるだけで絵になります。
本を積んだだけのサイドテーブルとの組み合わせがミニマルな空間です。色の無い空間の中に、光という色とは別の要素で個性的な演出をプラスしています。

発熱の少ないLED電球が普及してから布との組み合わせなどこれまでにない飾り方が出来るようになりました。
新しいアイデアで様々な光のデコレーションができるイルミネーションライトを使ったベッドルームの紹介でした。

リンク先には更に色々なシーンが紹介されています。あわせてどうぞ。

出典:homedit


▼関連商品をamazon.comで探す。

関連する記事




◀前のページにもどる
◀ホーム