[snap]家具に壁紙を張って可愛らしくリメイク

IMG_0237.JPG

レトロな雰囲気が懐かしくも新しい、柄のついた家具のある部屋。床まで真っ白、圧倒的に真っ白な部屋にポツンとあるのが今どきな感じですかね。
形が古いですから、側面にだけ壁紙を貼ったリメイクものだと思われます。最近は糊付きの壁紙なんかもあるのでシールを貼るみたいにこういうデコレーションは簡単に作れるようになりました。
色々な壁紙がありますが、こういう使い方をする時はエンボスがかった厚みのあるビニールクロスではなく紙にプリントされたものを選んだ方が違和感がありません。せっかくリメイクするなら、かわいい柄を選びたいですね。側面にだけ貼ってあるのは平らで作業がしやすいからでしょう。家具正面のキャラクターに合った壁紙を合わせているから側面だけに貼っても可愛らしく見えます。むしろ、全面には貼らないほうがいいかも。

さて、この家具が部屋になんか変な物が置いてある、という風に見えないのはコーディネートがされているからです。他のものと関連性があるからこそ自然に溶け込むことができるのです。
奥の壁に張られたアクセントクロスとの柄のテイストの調和があり、サイドのスツールや、ダイニングチェアとの色の調和があり、上の壁に掛けられたガーランドとの質感の調和があって、この部屋にあることがごく自然な風景として見えてきます。

こういう家具に壁紙を貼ってプチリメイクに挑戦する時は、用意した壁紙を他の物にも貼って、仲間を作って一緒に飾ってみてください。この部屋のようにガーランドを作ってもいいし、額縁やミラーの枠なんかに貼って、同じ部屋に置いておくだけで部屋の感じが全然違って見えますよ。

出典:sodeco.canalblog

関連する記事




◀前のページにもどる
◀ホーム