隠し収納でスッキリと

収納を確保しながら、部屋のデザインも崩さない。部屋にあった家具などを置いて収納するのも、もちろん、インテリアデザインとしておすすめだけど、今回は、その収納を隠すアイデアを紹介したい。

【 壁パネリングを扉にする】

splendidsass
壁にパネリングをして、一部を扉にする。扉を閉めている時は、パネリングの一部になるようにパネリングの飾りモールディングの内側を扉にする。モールディングを境に扉にする事で、扉にする事で、どうしても出てしまう隙間も目立たなくなる。さらに、その扉に絵を飾れば、より壁に見える。


lefevre
前出の写真と同様にパネリングの一部を扉にする。下部のパネリング部分は引き出しにすれば小物の収納にも便利。

【 絵を扉にする 】

stay at home ista

額に入れた絵に蝶番をつけて、扉にする。壁を飾りながら、収納も設けられるアイデアは参考にしたい。

【 鏡を扉にする 】

woohome

洗面所など姿見が欲しい場所。収納も欲しい空間だから、姿見を扉にして、収納をとる。姿見を扉にすれば、限られた空間でも2つの要素を叶えることができる。

【 扉にピンナップボード 】

young house love

手紙やスケジュール、お知らせのプリントなどキッチン周りで目につく場所に貼っておきたいものは結構あるもの。壁や冷蔵庫扉につけると煩雑な印象になるから、ピンナップボードを吊り戸棚扉の裏側につけて、隠しながら、クリップする。いつでも扉を開けてみることができるから、便利。

収納を隠す事で、お部屋がスッキリとしたり、限られたスペースを有効に使う事も出来る。是非、参考にしてみて。

   
   


   

こんな記事も読まれています





◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報