キッチンの黄色なアクセントカラー

春はどことなく活動的な気持ちになって、元気なカラーに包まれたくなったり、なんでもないのに何かいいことが起こりそうな、ウキウキとした気持ちになったりしますね。
元気なカラーといえば、黄色、イエロー!
刺激的で活動的。今日も何かまた、新しいことが始まりそうなそんな予感を運んで来てくれる黄色のアクセントカラーをキッチンに取り入れて。


apartmenttherapy

白いキッチンに、イエローのタイルを組み合わせて。
照明やテーブルの上のボウルなんかと色を合わせているので部屋全体のアクセントカラーとしてきちんと機能しています。
キッチンキャビネットのベース部分にも黄色を配しているのがなかなかおしゃれだと思います。


luxe

これも、白いキッチンに黄色のタイル。
やはりアイランドの上に置かれた花瓶とコーディネートされているのが効いています。
最低でも一つ、色の関連性があるものと合わせられればそれだけでいいのです。


architectural digest

モノトーンのキッチンに、イエローの鮮やかなチェアカバーがひときわ目立ちます。黄色と黒の組み合わせはとてもインパクトがあるパンチの効いた空間が作れますが、警戒色と言われるくらい、どぎつい色あわせでもあります。
黄色と黒が直接隣り合うことがないように注意しながら、黒をロールカーテンに配し、黄色は透明な椅子と合わせて元気がありながら爽やかさを失わない上手な色合わせがされています。


apartmenttherapy

黄色みがかっているからか、ナチュラルカラーのフローリングとは相性がいいですね。カジュアルなスチールのスツールと、レンガを白くペイントしたちょっとラフな感じの空間。
飾りの少ないシンプルな空間作りも演出のうち。


onekindesign

上と同じく、カジュアルなスチールのスツールですが、割と高級感のある大理石の天板のアイランドキッチンと組み合わせています。
ギャップのある組み合わせではありますが、カウンター上に飾られた黄色い花のおかげでまとまっています。カラーが揃っていることで、テイストの違いが組み合わせの面白さとして生きてきます。


homeadore

モダンなスタイルなら、キャビネットを丸ごとイエローにするくらいが丁度いいかもしれません。
落ち着いた木目のサイドパネルと、扉面材のカラーのインパクトとの対比がいいですね。
シンプルな空間には大胆な色使いがよく似合います。

幸福の黄色いハンカチという映画もありましたが、黄色という色にはやはり、未来への希望といった意味が含まれているような気がします。
根拠があるわけではないけれど、明日が今日よりもきっといい日になる気がする。
そんな気持ちにさせてくれる元気な黄色のアクセントカラー。
明日もきっと、いいことが起こりますよ。

   
   


   

こんな記事も読まれています



◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報