[clip]青+白 色彩に包まれる寝室

20140721-181940-65980487.jpg
20140721-181950-65990827.jpg

壁全面がブルーに統一されています。額縁や巾木などのモールディング、ドアまでが同じ色に塗られているのが珍しいですね。部屋全体が海の底に沈んだかのような不思議な静けさがあります。
床やベッドヘッドにはグレーを合わせています。グレーは無彩色ですが、どちらかというと寒色よりに見えますので、青系のトーンの中に入り込んで違和感がありません。
ところどころに白い物を置くと、対比で色彩がはっきりとします。ベッドシーツやレースのカーテンは勿論のこと、壁付けの照明や、スイッチプレートも配色に上手く組み込まれています。
奥の部屋も寝室壁には寝室のカラーを継承しながら、床と天井の色を同系色のグラデーションになるように切り替えて統一感を出しています。
突き当たりの壁のグリーンは色味こそ違いますが、明度や彩度は青と同様のグループに入る配色ですので、適度に目立ちながらも全体のイメージはきちんとつなげられていますね。
洗面の陶器や照明器具の白でメリハリを付けるルールも同じ。

抑制の効いたカラーリングのおかげで視界がうるさく見えず、深くリラックスして眠りに入れそうです。
視覚的にも静けさを追求した、安らぎの寝室となっています。

出典:
dwell

▼関連商品をamazon.comで探す。

関連する記事




◀前のページにもどる
◀ホーム