春色リースで暖かな季節を迎えよう!

リースといえば、クリスマスに飾るものという印象が強いけど、季節ごとの花やモチーフで作られたリースを玄関ドアや部屋の壁面に飾って、季節を楽しむ。リースは基本的にドーナツ型になっていれば、リースのパーツはどんなものでも大丈夫なので、自分で作って楽しんでもいい。


lia griffith

春色のパステルカラーの小さめのリースを2つ壁に飾る。リースは丸くドーナツ型をしているから、横への広がり感が強い。上下少しずらして飾る事で、縦長の印象をつくり、横への広がり感を飾り方で調節する。色味も差し色となるリースとベースカラーのリースと色を変えて、ボリュームの調整をする。


the diy village

春といえば、チューリップ。チューリップのリースは、卵型の花の形からイースターを楽しむときにも飾りたい。一色のチューリップで作られたリースよりも、抜け感をつくるために淡い色を入れてつくられているリースの方が、リズム感がでるから、華やかに。さらに、甘さを調整して、大人っぽくするために直線的な印象のチューリップの葉も入れる。チューリップの印象が強いから、一つで飾って楽しんで。複数リースを飾って楽しみたい場合は、チューリップのリースがボリュームがあるから、そのリースの真下にベースカラーの花の大きさが小さ目のチューリップで作られたサイズの小さいリースを飾ろう。


making it fun

春色パステルカラーの布を細く切って、ボールに巻き付けたものをリースにする。抜け感のある色は入れずに、すべてかわいらしいパステル調カラーになっている事がポイント。とてもかわいらしい印象だから、ぜひ、子供部屋のチェストの上に飾ってみて。チェストは、ウォームグレーや白にペイントされているものが雰囲気。家具はベーシックにして、デコレーションアイテムで季節を楽しんでいきたい。


the sweet survival

パステルカラーの毛糸を卵型にまいてリースにする。白いドアに下げて、イースターパーティーのゲストを迎えて。

35a1afd71e72e965280169a7d7e6bb60

nine and sixteen

最近よく見かけるようになったお花紙でリースをつくる。モフモフかわいらしい。リボンを長めに下げて、縦ラインをつくって、大人っぽく。

1年を通して楽しめるリース。春色リースで春の訪れを楽しもう。

 

こんな記事も読まれています



◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報