[snap]廊下の演出

49391R8-R01-003-lgn

廊下はただ通過する為の場所ですが、そこを通る時の印象は家の印象を左右しますから重要な部分でもあります。演出のない廊下はただただ寂しいものです。
この写真の部屋は家族写真を飾るスペースとして廊下を演出しています。
幅の広い場所ではないので、壁面からの出っ張りの少ない絵や写真を飾るのがやはり定番のデコレーションですね。
ライティングを明るめにしてあること。壁面もはっきりと白い色を選んでいること。額縁を揃えていること。それから、額縁の中の写真の余白部分を大きめにとっていること。
これらの工夫ですっきりとして見せています。目線の高さに額縁を集めていますが、単調にならないようにそれぞれの取り付ける高さは変えてあります。全体的には額縁や色の統一感があって飾り方はランダム。変化を付ける部分と要素を揃える部分とを上手くミックスしているのがこの飾り方のコツです。
廊下にしては明るめのライティングも写真を照らす意味では必要な明かりです。壁の両側が上の方まで照らせるように照射角の広いダウンライトを使って、器具の感覚を詰めて配置していますね。

元の廊下は下の写真のような感じだったそうです。日本でもマンションなどによくありますよね。こういう廊下。
マンションなどはどうしても細長い廊下ができてしまう間取りになりますが、そういう部分の演出の参考にしてみてはいかがでしょうか?

IMG_0507-68335201-lgn

出典:

▼関連商品をamazon.comで探す。

こんな記事も読まれています





◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報