棚の背面に柄をつける

本棚や飾り棚、オープンキャビネットなど見せる収納棚の飾り方にひと工夫すると、見映えが大きく変わります。箱の底のように見えてしまう棚の背面の板に壁紙や布を張って柄をつけることで棚全体が華やかなディスプレイになります。棚全体の印象が変わるので部屋のアクセントにもお勧めです。

IMG_5087.JPG
domaine home
食器棚の背面にトロピカルな壁紙を貼ります。壁紙の印象が前面にでてインパクトがあります。手前に収納された器がごちゃごちゃして見えなくなりますね。

IMG_5105.JPG
view along the way
ジオメトリ(幾何学)柄はこのところラグやカーテン、クッションなどでも人気の柄です。キャビネットの背面に貼っても綺麗ですね。棚自体に存在感が出てきます。

IMG_5106.PNG
simplified bee
大きな壁面のオープン棚に柄をつける。
アクセントウォールとしても効果的だと思います。周りの壁面をシンプルにしてコントラストをつけると良いのではないでしょうか。

IMG_5107.JPG
eddieross
普通のカラーボックスに布を張って飾り棚を作っています。DIYにもおすすめ。チープな家具もちょっとしたことで見違えて見えます。紙よりは布の柔らかい質感を加えた方が安っぽく見えないので更に良いでしょう。

IMG_5108.JPG
attic mag

ギザギザのシェブロン柄で白黒のインパクトのあるデコレーション。
家具の白、床や家具の脚の黒との調和があるので、部屋の中で浮いては見えません。ちょっとクラシック寄りのインテリアにモダンなスパイスを加えてくれます。

IMG_5109.JPG
dish monusa
さわやかなグリーンの壁紙を貼ったチェスト。明るめ色の小物と合わせて全体を軽やかにまとめています。
グリーンの燭台に、水色のキャンドルを置いて、家具と壁の色とを調和させています。小物の配色は他の要素のものを取り持つ関係にすると決まります。

IMG_5110.JPG
bhg
ピンク-レッドをテーマカラーにしたディスプレイ。
壁紙の地色のシルバーと合わせたメタリックな小物との組み合わせが、ピンクの甘さを程よく引き締めます。

IMG_5111.JPG
one little momma
ナチュラル系のカラーリングでまとめるなら、やはり落ち着いたベージュあたりの壁紙が似合いますね。
木の棚、テラコッタの鉢、紙のボックスなど、素材が元々持っている色合いを大事にして飾ると素朴な味わいの見た目になります。背景の壁との色の対比が棚の素材感を際立たせて見せてくれます。

IMG_5112.JPG
feathers flights
布張りの棚で水色のシェブロン柄です。
割と雑多に飾られていますが、青系のものが多いのでまとまり感はあります。
色を合わせる事のメリットの一つが、適当に置いてもそれらしく見えるということです。

IMG_5113.JPG
allabout interiors
可愛らしい花柄の壁紙。
デスクのようなそこに向かう時間が長い場所では自分の好きな柄が貼られていれば見た目にも楽しいですね。
小物も壁紙に合わせた水色とピンクの二色使い。
花柄の物は特に白い棚や家具と合わせると映えます。

IMG_5114.JPG
5is the magic number
ベージュとグリーン。渋くまとまる色合わせです。背景と小物の色がまとまると、柄の部分がさりげなく目立って品良くまとまります。

IMG_5115.JPG
blogher
南国の雰囲気な、極彩色の壁紙に彩られた食器棚。器や棚自体の色を抑えて柄だけが目に入るように見え方がコントロールされています。
目立つものが奥の方にさりげなく配置されているのがいいのです。
洋服の裏地に凝るような感覚ですね。

IMG_5116.JPG
cha-gogo
大柄の布張りで質感が目立つ生地を選んでいます。布と組み合わせて飾るとどことなく高級感がでてきます。背景が良く見えるように間を空けて飾るといいでしょう。

IMG_5117.JPG
my rtlemanor miniatures
飾るものと貼られている柄とがぴったり合って一体感のある飾り方です。
大柄のインパクトがあってアクセントの効いた棚になっています。
周りが殺風景でもこれひとつで充分に間が持ちます。

IMG_5118.JPG
centsational girl
壁紙ではなくてレースペーパーを貼っても綺麗な柄が作れます。白をベースに、金銀を少しあしらったカラーリングが品良くゴージャスですね。棚上にレースを敷いて柔らかさもプラスしています。

IMG_5119.JPG
bhg
白とグリーンのコントラストのはっきりとした食器棚。白いものは色と合わせると白さが際立つのでなおさら白く美しくみえます。

IMG_5121.JPG
fox hollow cottage
ベージュの棚と、ペールトーンのグリーンを合わせるとコントラストが下がって優しい雰囲気に。白い食器も乳白がかった柔らかな色調に見えます。取り合わせる色の選択で相手の色の印象も変わって見えてきます。

IMG_5122.JPG
decor great
白い棚に、モノトーンに近い小物の取り合わせですが、棚の中の色彩が目に残るディスプレイです。棚の奥は影になる部分なのでちょっと暗くなります。奥行きの深い棚は影になった時にくすんで見えない色を選んでおくとイメージ通りに完成すると思います。

IMG_5123.JPG
centsational girl
本棚ですが、本にはカバーを掛けて全体の色合いを調整しています。
木の色合いにはブルー系の色がよく似合います。海外のインテリアには頻繁に見かけるカラーコーディネートです。
白の分量バランスで明るさを適量加えるのがコツです。

IMG_5124.JPG
tara dennis
ピンク、水色、黄色を組み合わせると元気で活発なイメージになりますね。棚の区切りごとに色を変えてパズルのように柄を作り出しています。好き嫌いのでるデコレーションではありますが、様々な色彩の物を飾りながら棚ごとに飾るものと背景の色を上手く組み合わせています。幾つかの色の小物を並べて飾る場合には、背景の色を組み合わせていくのもテクニックのひとつです。

IMG_5125.JPG
house and garden
大人っぽい柄の本棚。黒い棚板と柄の組み合わせがシックですね。
ほとんど物が入ってませんがこれでも絵になります。隣に本が積み重ねられています。中が空き気味の方が棚が映えます。こういう飾り方を真似してみても面白いかもしれません。

IMG_5126.JPG
country days
コレクションを飾るなら、飾るものから色を取って専用の場所を作ると楽しいですよ。英国っぽいエンジ色の壁紙に小鳥のガーランドが添えられて可愛らしいですね。

IMG_5127.JPG
bhg
暗めの色で背面に柄を入れるのもおしゃれです。棚自体が目立ちすぎることもなく、普通に収納棚として使っても奥に見え隠れする柄の効果は充分にあります。

IMG_5128.JPG
decorpad
壁やソファなど、グレーのグラデーションで構成された部屋。
壁面が無地なので、単調なカラーリングに見えますが棚の中の柄はこの部屋の中ではいいアクセントです。
アクセントカラーはオレンジですが、色彩だけでなく、柄やパターンで目線に変化を求めることも効果の高い演出です。

IMG_5130.PNG
decorpad
パターンをつけた棚の飾り方として、真ん中を揃えて左右を開けるというのも面白い見た目になります。背景の柄があって手前の装飾品が引き立つ飾り方です。

柄ものを効果的に使うと、棚の演出に深みがでると思います。壁紙だけでなく包装紙、布などで気軽に作れるのもいいですね。ダンボール紙などを棚の大きさに切ってそちら側に柄を付ければやり直しや取り替えもしやすくて気楽にチャレンジできます。
どちらかというと、既存の家具などにちょっと手を加えてみるといった感じで取り入れるのがお勧めです。

▼関連商品をamazon.comで探す。



◀前のページにもどる
◀ホーム


COMMENT ON FACEBOOK