ベッドヘッドまわりのデザイン

寝室のデザインのハイライトはベッドヘッドまわりのデザインをどう演出するか、ということにつきると思います。ここ最近見かけた、ベッドヘッドまわりのデザインインスピレーションになる写真をまとめてみました。

IMG_0101.PNG
luxesource
頭を置く部分が囲われていると安心感があってリラックスできます。ヘッドボードを囲うように、カーテンで覆ってベッドヘッドの壁をデザインします。
白い清潔感のあるリネン類と、ミラー張りのサイドチェスト。見た目がソフトなものとシャープなものとの対比が目を引きます。

IMG_0161.JPG
sarahakwisombe
アクセントウォールとして、インパクトのある柄の壁紙を貼ってみるのも面白いですね。
ジャングルっぽい壁紙と、手彫りのアニマルヘッド、同じ色合いと風合いのあるサイドチェストなど、小物を合わせればさらに効果的。デコレーションと背景を揃えることで、壁紙のチョイスに説得力が生まれます。

IMG_0162.JPG
style me pretty
壁沿いにカーテンを下げて、背景の壁を柔らかい印象に作っています。実際に触れなくても布の柔らかな質感は部屋の雰囲気を和らげてくれます。
シャープなラインのテーブルとメタリックなスタンドで挟み込んで引き締まって見える部分とのメリハリを効かせます。

IMG_0163.PNG
luxesource
ごく薄いベージュ色と黒のモノトーンは、単純な白黒の組み合わせとは一味違った落ち着いた感じを演出してくれます。全体がくすんで見えないように、真っ白なスタンドと合わせてキリッとする部分も多少作ると色合いが際立ちます。
クッションに入れた黒は色々な柄を混ぜて単調に見えないように工夫されています。

IMG_0164.JPG
homedit
ナチュラルな素材とモダンなカラーリングをミックスしたコーディネートが新鮮な感じを受けます。
裏地のシェブロン柄もワンポイントで目を引きますね。
ベッドヘッドの古材のような質感との組み合わせが面白いと思います。同じテイストのもので揃え切ってしまうよりも、ちょっとした複雑さを持たせたり、テイストの違うものの対比などを見せた方が表情豊かなコーディネートになります。

IMG_0165.JPG
apartmenttherapy
ベージュの壁紙、ライトブラウンのカーペットと、地味目のインテリアに対してとびきり発色の良い鮮やかなブルーの組み合わせが個性的。フォトフレームのスナップ写真の空の色やスタンドランプなど同じ色合いを繰り返すことで突飛な色使いをカラーコーディネートのテーマに昇華させることができます。
何と言ってもサイドテーブルのハンドルにブルーを持ってきているのが効いています。これひとつで可愛さ100倍アップです。

IMG_0167.JPG
luxdeco
これぞシック、という色合わせ。白からグレイッシュなベージュまでのグラデーションで揃えた上品なコーディネート。
布の質感を変えながらの組み合わせが上質な素材を贅沢に使った高級感のある印象を生み出しています。
壁に掛けられたアートの飾りがでしゃばり過ぎない抑えた演出と、サイドテーブルのシャープなクロームの小物使いもお見事。

IMG_0168.JPG
hg living beautifully
階段下に作りつけられたベッド。
カントリー調のペイントカラーにくすんだ黄色が映えます。ちょっとした飾り棚があることで空間の窮屈さが囲まれた感じの心地よさに上手に変換されています。適度に飾られた空間は、人を安心させ、気分を高揚させてくれます。

IMG_0170.JPG
lauraashley uk via instagram
壁紙とのカラーコーディネートは部屋全体のテーマを統合してまとまり感をつくりだします。
ベッドヘッドとサイドテーブル、ランプのシェードとアルファベットの飾り小物。ミラーの枠とベッドシーツのストライプの色。
対になる色を必ず配置してそれぞれの要素に互いに関連性を持たせて全体を構成していくのがカラーリングの基本です。
更に壁紙の柄の中にある色を少しずつ取り出して配置しているので部屋と小物の間にも関連性が生まれています。全体がひとつのカラーパレットの上に綺麗に並んでいるように作られているのです。

IMG_0171.JPG
domaine home
思い切りコントラストをつけたコーディネートはシャープで洗練された印象を作ります。
ラインの取り方、面積の比率などグラフィカルな要素が勝負どころだと言えるでしょう。
背景をメインに黒を持ってきたこの部屋はドラマティックな演出となっています。
さらにほんの少し加えた金のアクセントが高級感を醸し出していますね。そう、シャネルの色使いです。

IMG_0173.JPG
insideout
モダンでカジュアルなベッド周りのデコレーション。
コンクリート打ち放しの壁、インダストリアルなペンダントライトとカラフルでラフなクッションやベッドカバーとの対比が若さのある気取らない居心地の良さをつくります。
サイドテーブルを置かず、小物を床に転がしているのもいい感じ。

IMG_0177.PNG
marieclaire maison
ブロックを積んだだけのサイドテーブル。
無機質なものと生き生きとしたグリーンとの対比が目を引きます。数百円のブロックを積んだだけですがセンス次第で十分おしゃれに見えます。
壁とベッドリネンの白さとの対比も計算された、見た目以上に計算されたコーディネートです。

IMG_0179.JPG
sweetpeaandwillow
フェミニンでエレガントなベッドまわりです。
白をベースに壁やベッドヘッドの質感の違い、サイドテーブルとの質感の違いなど同じ色調の中で細かな変化を繰り返して繊細な表情を見せています。
極端な所のない優しい感じのコーディネートです。
アクセントカラーの淡い黄色も可憐です。

IMG_0185.JPG
decoist
ウォールステッカーはベッドの上の壁を飾るのにいいですね。貼るものが変わればガラッと印象が変わるのが面白いです。
この部屋もステッカーひとつで木陰でうたた寝の気分に早変わりです。
モダンで隙のない感じのインテリアに、ちょっとした遊び心を加えて緊張感を和らげる効果があります。
シルエットぐらいの抽象的な表現がスタイリッシュでちょうどいいですね。

IMG_0197.JPG
domaine home
まとめるばかりがインテリアデザインぢゃない。印象的なアクセサリーを飾って個性を出してみましよう。理由なんてないけど、ベッドサイドには扇風機。
思い切りよく真っ赤なクッションを置いて。
単純なコツ。シンメトリーに配置すると、突拍子もないものでもなんだか不思議とこれでいいような気がしてきます。
そして、何故か印象に残る部屋になっているのです。

リビングダイニングなどと違い、個室は住まう人のパーソナリティーに深く根差し、個人の趣味嗜好が色濃く反映される空間です。それだけに千差万別、思い思いの心地よさの形が表れて面白いですね。

▼関連商品をamazon.comで探す。

こんな記事も読まれています



◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報