2017年 トレンドカラー インテリアデコレーション

pantoneが発表した今年のトレンドカラーは、「greenery」。
春芽吹く、新芽の黄緑色。晴れやかで初々しく、この色を見ていると心が晴れ渡るよう。春が待ちどうしく思えるようなこの色は、pantone曰く、「生命を表すGreenery。情熱と活力の象徴」
インテリアデコレーションにもトレンドカラーを取り入れてみたい。

少し落ち着いたお抹茶色のgreeneryは白をメインカラーとするインテリアの差し色として使う。このインテリアのポイントは混じりけのない白に合わせる事。ウォームグレーよりの白でもなく、ベージュよりの白でもない。白を合わせる事でgreeneryの新緑の爽やかさがより際立つ。

壁色にgreeneryを取り入れる。ベッドリネン類にはgreeneryをラインとして使い、色のつながりを持たせる。印象的なカラーだから、色の配分に気をつけたい。

greeneryに水色を合わせる。新緑の色と透き通った水の色。水色を多めにする事で、涼しげで爽やかなインテリアになる。ソファに置かれたクッションもどちらか1色のクッションではなく、2色のものを配置する事でよりカーテンとのつながりを持たせ、統一感を出す。

黄色との相性がいいgreenery。菜の花のような配色は、優しい印象に。暖色系カラーともとても相性がいい。

トレンドカラーを取り入れる際に、壁一面だったり、家具の色だったり、大きなもので取り入れるのは時間も勇気も少しいる。小物であれば、明日にでも取り入れることができる。
クッションカバー、センターピースの小物、観葉植物。小さなものから取り入れてみよう。

部分的にトレンドカラーを取り入れるなら、例えば、ソファ脇のサイドテーブルに観葉植物を飾る代わりにガラスのスタンドランプとグリーンのガラスの鉢を飾る。これだけでも、トレンドカラーを取り入れた今年らしいインテリアとなる。

ダイニングテーブルのセンターピースとしてグリーンの瓶に花を飾る。カラーは揃えて形、大きさを変えて、動きを出して置く。

黄緑色植物の色だから、部分で取り入れやすいカラー。どの色味にも合わせやすいから、挑戦してみよう。
 


 

shop this look

shop this look


COMMENT ON FACEBOOK