黒いキッチンでかっこよく

キッチンの色は白や明るい色味で持ってくることが多いが、黒いキッチンもスパイスが効いてかっこいい。空間と黒の分量など考慮しながら、濃い色のキッチンに挑戦してみよう。
20150318-183023-66623479.jpg
dianna snape
キッチンを全部、黒くする。空間が広く、天井も高いから、重さを感じない。空間の広さだけでなく重さを感じさせない工夫もされている。アイランドの下部分、巾木部分をシルバーにして、アイランドの外形よりも内側で巾木を回すことで、まるで、アイランドが浮いているように見える。少し浮いたように見えるアイランドは軽さを感じさせる。この手法は、空間の広さに関わらず応用できる。
20150318-183216-66736341.jpg
boffi
キッチン背面だけを黒いキャビネットにする。前出の写真と比べると、アイランドを白くしたことで抜け感が良くなっている。また、全て白いキャビネットの空間に白いキャビネットのアイランドがあるよりも黒い背面キャビネットがある事でアイランドがくっきりと浮き上がり、抜け感がありながらも、存在感がある。
20150318-183351-66831055.jpg
la dolce vita blog
ベースキャビネットだけを黒いキャビネットにする。吊り戸棚を白くして、取っ手や扉に飾りがないタイプにすれば、まるで壁のように見える。上方向に抜け感を持たせれば、どんな広さのキッチンでも重すぎず、安定感のあるキッチンとなる。
20150318-183532-66932945.jpg
that kind of woman
一部のキャビネットをポイントとして黒くする。アイポイントとなり、空間の広さを感じさせにくくなる。カウンターの色を白で統一し、扉の形を統一して、黒いキャビネットが孤立しないように。
20150318-184029-67229938.jpg
arch daily
キッチンの中は白。その周りの壁を黒くして、まるで箱の中にキッチンが入ってるようにデザインされている。キャビネットは白だけど、面白いデザイン。

キッチンに黒を持ってきて、他とは違うキッチンにしてみよう。

こんな記事も読まれています



◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報