[snap]棚を飾る 缶やボックスをリズミカルに


notjustahousewife

木箱、カゴ、ブリキ缶、紙の箱と、色々な種類の収納ケースが並べられた棚。同じ種類のものだけを固めて揃えて飾りたくなりますが、ここはあえてそれぞれのアイテムをランダムに組み合わせて見せるディスプレイとして活用しています。

いくつか参考になる飾り方のコツがあると思いますので見ていきましょう。

木箱
一番下にまとめて配置しています。オーソドックスな並べ方です。一番下を一種類でまとめることは、このディスプレイが全くのランダムで並べられていないことを表現しています。これで全体に安定感をもたらしていますね。

ブリキ缶
1段目、3、4、5段目に飾られています。縦に位置が重ならないように、棚の置く場所を調整しています。
質感的に目立つので、この置き方で目線をジグザグに誘導することでリズムを与えてくれます。

カゴ
1、2、3、4段目にナチュラルカラーのバスケット。
1、2、4段目に白いバスケット。
3、5段目に小さなブラウンとバスケットを配置しています。
上から順にみると、
1段目は色違いのカゴを並べて配置しています。白い方にグリーンが飾られていますね。
2段目も色違いのカゴを並べて配置していますが、こちらにはグリーンが飾られていません。
3段目は大きさの違うカゴの組み合わせ。
4段目は色違いのカゴですが並べずに離して置いてあります。
5段目は小さいカゴだけを置いてありますね。
すべての段で並べ方を変えて、変化をつけています。

紙箱
白い引き出しボックスと、黒い蓋付の箱を各段で組み合わせを変えながら並べています。
これもカゴと同じく、見た目に変化をもたらすための飾り方です。

アクセントになるもの
目線の中央に来る3段目にベルジャーに入れられた観葉植物など、目線の中心になるもの=パッと見て目立つ感じのもの、を置くのがコツです。

3段目を中心に、上下にその要素を散らしてバランスをとります。
棚の上の方にはガラスのものを置く。
下の方にはプランターと、青い箱が置かれていて3段目との関連性をもたせてあります。

パズルのように、幾つかの要素を組み合わせのバリエーションを作り直すながら飾っていっています。
バラバラに並べていながら、棚のそれぞれの段に関連性と見た目のバリエーションがあって、リズム感を演出しながらも全体がまとまって見えてきます。

関連する記事




◀前のページにもどる
◀ホーム