壁を上下で色を変えて

無難な白壁から卒業して、壁に色を入れる。色を入れるだけで海外の雰囲気に近づける。今回は、少しこだわって、壁を上下で色を変える方法を紹介。色、高さによってイメージが変わってくるから、参考にして見て。

20140514-174841.jpg
79ideas
腰高さで色を変える。床のグレーに合わせることで床面がのびてるかのよう。腰下に来るデスクや家具類はグレー系でまとめて、馴染ませる。カーテンも壁の色切り替え高さに合わせて袴部分は濃い色にする。下の方を濃くすると安定感が出て、落ち着いた空間になる。

20140514-175030.jpgPurodeco
切り替える色にコントラストをはっきりとつけて。床は明るめの色にすると、色の切り替えが更に際立ってくる。

20140516-091449.jpgJanne Peters
色を切り替える高さをニッチなどの何かに揃えると調和が取れて、自然とまとまる。

20140516-134213.jpgNeed Supply
黄色で色を切り替える。ファブリックも合わせて統一感を出す。色の境目はラフな感じにすることでナチュラル感を出す。合わせるファブリックも麻やコットンのような自然素材のものにして。

20140516-134920.jpg
Oh Lovely Home
高いところで色を切り替える。全面色を入れるよりも軽くなる。天井高がある場合に挑戦しよう。

20140516-135459.jpg
Apartment Apothecary
高い方の色を印象的な色にする。目線がぐっと上に上がり、天井高があるように感じられる。

20140516-140115.jpg
weekdaycarnival
色の切り替え部分を魚の鱗のように波打たせて。子供部屋に可愛らしく。

壁の色を2色にする事で印象的なインテリアになるので試してみて。

▼関連商品をamazon.comで探す。

こんな記事も読まれています





◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報