[clip]白x白 グリーンが映えるリビング

20140718-185422-68062375.jpg
20140718-185422-68062514.jpg
白い壁、白いカーテンに白いキッチン。
ソファや照明器具はもちろん、冷蔵庫やオーブンレンジまで白いもので揃えられた、超・すっきりとした空間です。
それでも住まいらしい、優しい雰囲気が感じられるのは床がフローリング張りだからという部分が大きな要素になっていますね。プリントのような均質なフローリングではなく、自然な木の色幅を許した天然素材の物を使っているということも重要なポイントです。天然木フローリングの色幅があるという部分を敬遠される方もいますが、人工的に色合いを揃えられたものは得てして安っぽく見えたり、単調すぎて面白みのない空間に仕上がってしまったりしてしまいがちです。
何事もきちんと均質に揃っていないといけないというのも程度の問題があります。一度そういった固定概念を捨てて、他の要素との組合せの中で素材の持つ特徴を活かしながら部屋づくりをしていくと更に豊かな空間が作り上げていく事ができると思います。

壁の方に目線を上げるとぱっと目につくのが瑞々しいグリーンの葉の色です。絵などを飾る時もそうなのですが、背景が白いと中の色彩が鮮やかに浮かび上がって見えてきます。
この部屋全体の白い部分を背景にして、グリーンの色彩が強調されて見えているのです。
部屋全体の色彩要素を減らして、床の素材感と観葉植物に焦点を合わせています。モダンでシンプルでありながら、ナチュラルなテイストをさり気なく取り入れ、繊細なバランス感覚で居心地のよさそうな空間づくりがなされています。

出典:
decormag

▼関連商品をamazon.comで探す。



◀前のページにもどる
◀ホーム


COMMENT ON FACEBOOK