[clip]紫x白 パープルの濃淡で彩る寝室

IMG_4571.JPG
IMG_4623.PNG

パープル一色に染まったベッドルームです。西欧の色づかいでは赤みがかった紫色をよく見かけますね。全体をグレイッシュな紫色の壁紙とカーペットで仕上げてアクセント的にカーテン、椅子張り、ベッドヘッド部分に濃いめの紫を配置しています。
カーテンレールを隠すバランスと呼ばれる上飾りに一番濃い色を使い、その次にベンチの椅子張りにも濃い色を持ってきています。
上下にアクセントカラーを配置することで安定感のある配色となります。
カーテンの裾の部分にも濃い色の切り返しを付けていますね。

目線の高さにはやはり濃い色のトリムに囲まれたプレーンシェードのカーテンと、左右にカーテンを下げたベッドヘッドが取り付けられています。
水平方向に同じ配色を繰り返して行くことで部屋の印象に統一感が生まれています。
ベッドとカーテンなど違う形の物に同じ配色を繰り返すのも部屋のリズムを整えるのに効果を発揮します。

天井はニュートラルな白として壁の色が圧迫感を感じさせないようにしつつ、間接照明を当てて柔らかな明かりで部屋を包み込むように照らしています。
天井をすっきりとさせて、寝室らしい目に優しいライティングですね。

IMG_4572.JPG
こちらも同じ家のバスルーム。
普通の居室だったものの設えを残したまま浴室にコンバージョンして使っています。
こちらの部屋は少し青みが掛かった紫に見えますが配色の方法はベッドルームと同じです。
続き間の部屋なのでしょうか。別の空間であっても統一された配色を繰り返して一続きの場所であることを強調することができます。
プライベートな空間だけのテーマカラーを設定したりすることで色彩計画によるゾーン分けをする場合には応用ができますね。

出典:homeadore

こんな記事も読まれています



◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報