[clip]白xグレー+青 カーテンが彩るリビング

IMG_0001.JPG
IMG_0005.PNG

白い壁にグレー系統で揃えた家具。はっきりとした白とグレーは寒色系の配色になります。青いカーテンを合わせると馴染みの良い配色になりますね。スタンドランプのセードを青にして、クッションもひとつ青を加えてカーテンだけが浮かないようにしています。

この部屋は軽めの印象になるようにアクセサリーをあしらっています。床を覆うラグは壁の色にそった白っぽいもので明るさを強調するように。センターテーブルはアクリルの透明感のあるもので軽さをプラス。照明器具も軽やかさのあるクロームとクリスタルガラスの組み合わせとしています。

カラーリングは色幅を一定の調子でまとめてすっきりとした見た目の空間としていますが、置き家具は柔らかなラウンドしたフォルムの物を選び、エレガントな雰囲気を作りだしています。
色調が作るイメージと、形がつくる雰囲気を上手く組み合わせてさわやかさと優しさを部屋に取り入れているのです。
色は視覚に訴えかけて印象をつくり、形や質感は視覚を通して触覚に働きかけて雰囲気を作り出します。
それぞれの要素が順番に作用することで部屋のスタイリングが完成することを覚えておくと、それぞれのエレメントが選びやすくなります。

出典:housebeautiful



◀前のページにもどる
◀ホーム


COMMENT ON FACEBOOK