ステンシルでフローリングをリメイク

フローリングもメンテナンスをしていても、経年で傷んできたりする。それを風合いとして楽しむのも、もちろん素敵。でも、雰囲気を変えたかったりする場合は、張り替えるのも大事。そんな時は、フローリングにステンシルを施して、床をデコレーションする。いつもとは違う雰囲気を楽しめる。

20150204-233256-84776247.jpg
http://www.elledecor.com/
チェッカー柄をつける。ウォームグレーと白のコントラストが強すぎずに程よくクール。ドア廻りや天井と壁との間にまわされたモールディングの色も少しグレーを入れた白にして壁の白と変えている。この微妙な色使いが部屋の印象を品良く爽やかにしている。インテリアでの色使いの奥深さを感じる。

20150204-233534-84934208.jpg
myhouse
同じくチェッカー柄。パステル調の色合いが優しく可愛らしい印象になっている。特に他のエレメントに色を入れていないからチェッカー柄柄目に飛び込んでくる。床をデコレーションの主役にしたインテリア。

20150204-233821-85101267.jpg
annabellea
モロカンスタイルのパターン柄を床に描く。床にポイントを持っていくため壁はシンプルに。

20150204-234018-85218715.jpg
long live
床の一部のみをステンシルでポイントを作る。まるで丸いラグを置くように。でも、ラグと違うのは、ベースのフローリングが見えていること。透明感があるから重くならず、ステンシル独自の持つ雰囲気をを楽しめる。

20150204-234336-85416009.jpg
modellodesigns

ラグのようにステンシルする。2種類のフローリングを張り替えて明るいフローリングにラグのようにステンシルを施す。

ステンシルのフローリングの作り方は簡単。型紙を用意するだけ。大きいから実際には大変だけど方法は普通に小物などに施すステンシルと方法は一緒。
.

20150204-235006-85806305.jpg
remodelista

ガラッとイメチェンしてみよう。

▼関連商品をamazon.comで探す。



◀前のページにもどる
◀ホーム


COMMENT ON FACEBOOK