オーブンで焼く粘土プランター

オーブンで焼いて仕上げる粘土。陶器などのように大掛かりな設備(窯など)もいらない。普通の粘土と違い、耐水性に優れ、硬くなる。その特性をいかして観葉植物を飾る鉢などを好みのサイズ、形で作ってみよう。
【多肉植物を小さく飾るための鉢】
20150324-125115-46275678.jpg
buzzfeed
家の形でいくつか小さな鉢をつくる。いくつか、ちょっとずつ形を変えて、多肉植物を飾る。多肉植物の大きさに合わせて、鉢をつくれば、ぴったりとしたサイズで飾ることができる。色付けもできるが、白にすることで、多肉植物の色が映える。
20150324-125304-46384251.jpg
damask love
少しずつ違う柄の鉢を作る。販売されている既製品でここまでテイストを揃えて柄違いを揃えるのは難しい。小さくいっぱい飾るには作って揃えるのもいい。

【植物のネームプレートをつくる】
20150324-125459-46499746.jpg
wit and whistle
プラスチックなどと違い、その不揃い感がナチュラルでかわいらしく、まるでクッキーのよう。植物のネームプレートには、プラスチックなどの人工的なものよりも、自然なものの方が、よく似合う。

【ハンギングプランターをつくる】
20150324-125619-46579309.jpg
going home to roost
平たく伸ばした粘土にレースの生地等を押し付けて、縄文土器のように、模様をつける。その粘土を無造作に包みこうむようにする。まるで布でプランターをつくったようなテクスチャーが面白い。手作りだからこそのいい加減さが味わいがある。

【卵のようなプランターをつくる】
20150324-125729-46649378.jpg
shelterness
丸くて、つるっとした、まるで卵のようなプランターをつくる。マットな質感と整っていない丸さがナチュラルで自然。細い紐で作られたハンガーにプランターを入れ、いくつも吊るして窓辺に飾りたい。

ただ、飾るだけではなく作ることも楽しみながら、観葉植物を飾る。五感を刺激しながら、部屋に息をふきこもう。

   
   


   

こんな記事も読まれています





◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報