黒いパントンチェアのある部屋

どことなく彫刻的な印象もあるパントンチェア。パーツを分割せず一体で作られているところが家具というよりもオブジェのような存在感を持つ理由なのかもしれません。
人の座った形に沿うような有機的な形が、直線的なものが多い部屋の中で映えます。中でも黒いパントンチェアは男性的なイメージ。カジュアルでラフなテイストの空間に無造作に置かれた感じが似合うのではないでしょうか。


lushome
モノトーンで統一された生活感のない部屋。
シンプル過ぎて緊張感漂う感じですが、そんな中でパントンチェアの曲線が硬い雰囲気を和らげてくれています。


homemagazine
倉庫のような空間をリノベーションしたみたいなインダストリアルなテイストの部屋。こういうラフな雰囲気の中では樹脂製の家具がすんなりと合います。


trendir
クラシカルな部屋の作りですが、変形の空間を上手く活用してソファを斜めに置き、カジュアルな配置にすることで現代的なアレンジがされています。
黒いもので揃えられているので色彩的な統一感があって、部屋全体のまとまりがいいですね。
パントンチェアはやはりアクセント的に置かれています。


design.fr
これも、白と黒でまとめられたシンプルな空間。
窓廻りのクラシカルな木の造作とパントンチェアの対比がポイントになっています。


ontrus
水まわりでも使いやすいのが樹脂製の家具のいいところ。少しでもスペースがあれば洗面所に置くのはお勧めできます。実用だけの空間がおしゃれな部屋に一変しますよ。


luchasientevive
あまり作り込まれた感じはない部屋ですが、これくらいの方が気楽に過ごすにはいい空間かもしれません。
作業台のようなテーブルとの組み合わせはこの椅子ではよく見かけるコーディネートです。


lovely home designs
キッチンの一角の軽食スペース。黒い椅子はカラフルな壁のデコレーションを引き締める効果がありますね。


frincor
暖炉の部分の黒い壁がポイントのダイニング。
抽象的な感じで人物が描かれたアートに目線が吸い寄せられます。パントンチェアのヒトが座っているかのようなフォルムはこういうアートとの組み合わせがなかなか効果的です。


indochine-decor
これもアートとの組み合わせ。
空間を徹底的にシンプルにして、思い切りよくアートをメインテーマにした空間としています。
唇の形を映したようなパントンチェアの形との組み合わせがこのシーンをより印象深いものとしています。


arthitectural.com
これも構成要素が似ています。
人間のフォルムと椅子の形を組み合わせ、空間自体はシンプル、ミニマルに抑えること。アートのカラーリングを部屋のカラーコーディネートに取り入れること。


houzz
質感の異なるものの組み合わせ。
木のテーブル。樹脂製の椅子。毛皮を模したプリントの敷物。
カラーを揃え、質感を違えるのが簡単におしゃれっぽく見えるコーディネートのコツです。


houzz
シンプルなアートを壁に、自然素材のもの=テーブル。と、パントンチェア。
これから買うなら真似しやすく決まりやすい組み合わせです。


gapinteriors
クラシックな重めのテーブルにカジュアルな軽めの椅子を合わせるのも定番のハズしのテクニックですね。


apemh
窓際のスタンドと、黒いパントンチェアが目を引きます。これらがないと途端に殺風景に見えます。
空間の中でアクセントになるアイテムがいかに重要な役割を持っているのかということがわかりやすい部屋です。


annesage
どうということはない部屋のワンシーンですが、パントンチェアは部屋の調子がワントーンになってしまわないように適度にアクセントを加えてくれています。


bijoukaleidoscope
壁に掛けられた抽象画とパントンチェアでセットでアクセントになっていますね。
シンプルモダン系の家に住んでいる方なら試しやすいシーンの作り方だと思います。


vkvvisuals
白と、黒、アクセントに金色のコーディネート。
白の比率が高いので軽い印象の部屋です。
パントンチェアの黒はこの部屋では分量が大きいのでよく目立ちます。
奥のコンソールに飾られたオブジェと花器の丸みを帯びた形が椅子の雰囲気と揃えられていると思います。


luchasientevive
丸テーブルと合わせると花が開いたようなイメージがありますね。


pantonchair.com
やはり、モノトーンの空間がお似合いです。
この椅子の上には丸みのある照明が下げられていることが多いですね。


casinhacolorida-simone
クラシカルなテーブルをネオングリーンにペイントした前衛的なコーディネート。色と、形でパントンチェアを合わせてバランスを取っています。
こういう奇抜な組み合わせがさらっとできるのもこの椅子のいいところ。


behance
すごく重厚なクラシックの空間。
あえての、無垢板のスクエアなテーブルと、ギャップ狙いのパントンチェア。部屋のしつらえとの対比をつけるのがおしゃれなのです。


desiretoinspire
サイドから見るととても薄いのがよくわかります。
座面から折り返した側面のラインが綺麗なラインを描くように、計算されたデザインになっています。


afflante
大きな時計の文字盤と、黒い椅子。
真っ白な中で黒いものの形が強調されて見えます。
直線的なものは白。曲線のものは黒。と、形に合わせてカラーを揃えています。
形状と色という二つの要素が整理されているので、すっきりと綺麗に見えるのです。


freshome
階段下でなんとなく空いてしまうスペース。
実用にはならないけど、飾りのスペースの演出としては面白いですね。斜めに積み上げられたような不安定さが面白い本棚と、斜めに敷かれたラグ。
パントンチェアと、サイドテーブルがあることで人の居る場所ができていて、空間の中に人が休めるようなそういう雰囲気の場所があると落ち着くのです。

黒いパントンチェアは、形も色もインパクトが強いから他の要素とのギャップのある組み合わせや、平凡な組み合わせの中にワンポイントのアクセント的な使い方をするのが効果的なようです。
部屋の片隅に一脚あるだけで、おしゃれな部屋に見えてくるから、ワンルームで一人暮らしの人なんかにもおすすめですね。

   
   


   


◀前のページにもどる
◀ホーム


COMMENT ON FACEBOOK