限られたスペースでのソファの配置

リビングでメインとなる家具、ソファ。限られた空間の中でどんなソファを選んでバランス良く配置していくのは、悩ましい所。かっこ良く、バランスをとるために海外の写真などを参考にしたい。

20140918-210936-76176988.jpg
home-owner-buff
ソファだけを置くのではなく、パーソナルチェアなども一緒に置きたい。背の高いものは、奥に置いて、手前には背もたれのないベンチタイプのものを配置。限られた空間では、視線を遮らない事を意識する。ソファ、チェア、ベンチとタイプを変えることでリズムが生まれ、単調にならずに、かっこ良く決まりやすい。

20140918-215835-79115187.jpg
hooked on houses
中央のスペースをなるべく広く開けて、床を見せる事で狭く見えないようにする。 上の写真と一緒で目線を遮らないように家具を配置して。奥にある窓に床までのカーテンを下げることで縦に伸びる線をつくる。カーテンのスッと縦に伸びる線に目線を集めさせる。

20140918-220434-79474997.jpg
apartment therapy
ソファの色は大振りのものは薄めの色にして、パーソナルチェアを濃くすることで目線を濃い色の方へと誘導する。色のメリハリをつける事で視線を誘導する事ができるから、その効果をうまく活用して。

20140918-220713-79633625.jpg
flickr
パーソナルチェアを線の細いタイプのものにする。目線が通るから圧迫感がない。異素材のものを配置するコーディネートでワンランク上のコーディネートを目指そう。

20140918-220840-79720883.jpg
loving it
思い切ってセンターテーブルを置かない。オットマンを置いてセンターテーブルのかわりにする。コップなどはトレーに乗せてオットマンの上に。

ちょっとしたことで部屋の印象がガラリと変わるからインテリアは楽しい。

▼関連商品をamazon.comで探す。

関連する記事




◀前のページにもどる
◀ホーム