[clip]ブルーグレーx茶+ピンク 寝室


無彩色に近い、色味を抑えたブルーの壁は見ているだけで気持ちが落ち着く感じがします。寝室に向いた色だと言えるでしょう。
壁の色を選ぶときに寒色系の色を選ぶと寒い感じがしそうと考える方が多いですが、一色を単体で考えるのではなく、別々の印象を持った色の合わせ方で考えた方がいいですね。

壁の色に青を選んだからといって全てを寒色系で揃える必要はありません。
この部屋ではカーテンの縁や、ラグのパイピングにブラウンを入れたり、クッションや椅子の張り地にも茶系の色を合わせて暖色系の色を混ぜていくことで複数の色から受ける印象を上手にミックスしていると思います。

床も明るいフローリングで、サンプルだけで見ると壁の色と合わないかもと思ってしまいそうですがベッドフレームやサイドテーブルを床に近い色を合わせて、部屋の中に同系の色を持って来ることで違和感がなくなります。
パーソナルチェアの脚の色とベッドの色も合わないといけない気がするかもしれませんがそれぞれが別の要素のものと合わせられているのでごく自然に共存することができます。

さらに、アクセントになる色を加えることで全体的に落ち着きすぎて沈んだ印象になることを防ぎます。
ここではベンチのクッションとベッドの上のピローに入れた鮮やかなピンクがその役割を果たしていますね。
目線に入る高さが揃っているので、アクセントカラーがあちこちにあるよりは整然として、部屋全体の落ち着きを失わない程度になっていると思います。

以外と直線的な形で部屋が構成されているので、クッションと照明器具に入れられた花柄があることで雰囲気を和らげてくれていますね。

寒色系の壁を選んだ時の参考にしたいカラーコーディネートです。

出典:homedit

こんな記事も読まれています



◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報