Lilac ライラック ーラプンツェルのドレス色ー

ライラック。花の色が色の名前になっている色。薄い紫色。紫色には感性を鋭くする効果があり神秘的で高貴なイメージを与える。色としては、好き嫌いのはっきりしている色でもあるが、淡い紫はディズニーの映画、塔の上のラプンツェルでラプンツェルが着ているドレス色でもあるように可愛く優しい印象である。
20150322-110505-39905130.jpg
austinharrelson
20150322-110932-40172211.jpg
紫色は青と赤を混ぜ合わせた色。だから寒色系の色も暖色系の色にも合わせやすい。グレーをがメインカラー。紫色がセカンドカラーで、部屋の中で比較的広い面積を占めるカーテンに使う。差し色は、木目。黒のクッションなどをおき、全体を引き締める。木目が差し色で入っても、素朴にならず、ライラックの花のように優艶なインテリアになる。
20150322-111012-40212299.jpg
decor advisor
20150322-111216-40336738.jpg
高貴な色の紫と同じく高貴な黄色を使ったインテリアは、神秘的。オリエンタルな印象となる。

20150322-105431-39271330.jpg
blooming ville
モダンな空間にも暖かすぎず冷たすぎないライラックの色はよく似合う。グレーと黒のクールな空間にライラックで少し甘さを加えて、copperでエレガントさを加える。単にモダンな空間ではない、色で上質な空間を作っている、絶妙なバランスは参考にしたい。

紫色は日本でも古来から親しまれた色。ライラックの色は優しく淡い色だから、他の紫色よりも取り入れやすい。ぜひ、インテリアに取り入れてみよう。



◀前のページにもどる
◀ホーム


COMMENT ON FACEBOOK