maroon マルーン

マルーンは、暗い紫がかった赤。イタリアやフランスではボルドーと呼ばれ、ボルドーワインの色に由来する。1971年発売の往年の名スポーツカー、日産フェアレディZ初代240ZG専用色「グランプリマルーン」でイメージカラーとして使われていた色。深みのある色彩で高級感があり、大人っぽい上品な色と言える。

20141207-110642-40002826.jpg
real simple
壁、巾木、額縁、廻縁をマルーンにする。同じマルーンでもモールディングは少し濃い目にすることでメリハリをつけ、単調にならないようにする。また、マルーンはインパクトが強く、重厚な色のため、壁面すべてをマルーンにすると重すぎてしまうので、上の写真の暖炉のように色を抜く部分を作りバランスをとる。また、天井や床は明るめの色にして、同じく色のバランスをとる。

20141207-110741-40061697.jpg
newtrend designs
マルーンは重厚で贅沢さを感じさせる色だから、寝室のベッドヘッドの壁の色をマルーンにするのもいい。優雅で贅沢な寝室で大人な空間を演出する。壁のマルーン色とクッションやベッドカバー類の色を合わせ、統一感を出して。

20141207-110832-40112590.jpg
devonshire customhomes
インパクトの強いマルーンは、トイレなどの狭い空間で挑戦するのもいい。特に来客された方も使うトイレにマルーンの色を壁に使えば、優雅な印象でおもてなしができる。壁、天井、衛生陶器類すべて白にして、金物類はシルバーにする。重厚感の調整は、金物の色で調整を。すっきりとする場合はシルバー、高級感をより出したい場合はゴールドにする。

20141207-110932-40172743.jpg
achica living
印象の強いマルーンは、壁面につかうと重厚感があり、高級感もあるが、少し重い印象になりがち。クッションや小物類で取り入れれば、色の印象だけ取り入れ、重すぎないデコレーションができる。

20141207-111041-40241507.jpg
Dust Jacket
モダンな空間にモダンなデザインのダイニングチェアのファブリックをマルーン色にする。軽めの印書になりがちなモダンな空間がマルーンのチェアで重みが加わり、もだんな軽快さを残しつつも高級感のあるデコレーションになっている

20141207-111140-40300498.jpg
the design files
マルーン色はオリエンタルなデコレーションには欠かせない色。キリムやペルシャ絨毯等でよく見る色。クッション、ラグ等でマルーン色を使い、雰囲気を作ろう。

20141207-111214-40334614.jpg
chibamboo
玄関ドアやガレージドア等で赤を使いたい場合は、重厚感があり、重みのあるマルーン色がおすすめ。
玄関ドアは家の顔。重厚感があり、高級感のあるマルーンは家に安定感を与える。

COMMENT ON FACEBOOK