和を取り入れる

2020年オリンピック東京開催。今、日本の良さを日本人自らが見直し、海外からのお客様をお出迎えをしようという風潮がある。そんな中、日本好きの海外の方は日本の良さを日本人以上に認識して、インテリアデコレーションにも和をバランス良く取り入れたりしている。

20140130-054117.jpg
出典 : Photo Gallery: The Bryk Family’s Home Makeover | House & Home
着物は艶やかな色味のものが多い。特に子供用の着物の色は可愛らしいものばかり。その可愛い色味で小物を揃えれば、可愛いインテリアに。着物の色からインテリアをデコレーションしても面白い。

20140130-083957.jpg出典 : Creature Comfort – More To Love: June 2013 Shoot with Tara Guerard – Lonny
リビングに着物を飾る。まるで、絵画のように額に入れて。絵画を鑑賞するように着物の繊細な色味と柄を楽しむ。

20140130-215642.jpg出典: DIÁRIO DA MONE: DECORAÇÃO: QUARTOS – ESTILO ORIENTAL
ベッドヘットを反物ように見立てて着物の布地をはり、縦長にする。反物のもつ縦柄も綺麗に出る。壁には扇子を並べて飾る。使っている色数が少なく抑えているため、和と洋の融合もすんなりとまとまっている。

20140130-233447.jpg出典:Japans bed – vtwonen
ウォールペイントで梅の木と花をあしらう。白を基調としたインテリアによく映える。ベッドの上に置かれたクッションは紙風船のようなコロンと丸く可愛いらしいものでポイントに。

20140130-235305.jpg出典 : Flickr
サボテンの中に盆栽を並べる。違和感なく飾られている。

和のwabisabiを楽しみながら、インテリアをたのしんで!

こんな記事も読まれています



◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報