[snap]寝室のアクセントウォール


decenio

寝室の壁の一面の色を切り替えてアクセントウォールを作ったりするのは一般的なアイデアになってますね。単純に壁紙に変化をつけるだけでなく、他の要素との関連性を持たせるともっとおしゃれに見えます。

グレーの壁面はそれだけを見ると地味で暗い印象に見えますが、白い額縁を飾ると映えますね。同様にグレーの壁を背景にして、白いベッドリネン、白いスタンドランプなどを配置しています。椅子の上の小物も白いですね。グレーのものと対比させることで白いものの白さがよりはっきりと強調されています。

壁に飾られたアートはモノトーンのもので揃えられているので中身が主張しすぎず、額縁の集まりが全体としてベッドのヘッドボード代わりの役割を果たしています。
この部屋は床面が白いので、ベッドの方にグレーの上掛けを選んで白地にグレーの対比を作っています。壁面のグレーと白のバランスを床面側に反転させているのです。

全体的に色彩や質感がないコーディネートなので、白木の椅子をワンポイントで加えて控えめにナチュラル感を演出しています。これで寝室らしい柔らかな印象がプラスされます。額縁のうちの幾つかを細い白木の枠にして椅子の質感だけが浮いてしまわないようにバランスを取っています。

壁面の色から展開して、家具、小物を選びながら全体をまとめていく参考にしたい組み合わせです。

こんな記事も読まれています





◀前のページにもどる
◀ホーム

この記事に関連する情報