シューズキャビネット上の飾り方

玄関に置かれるシューズキャビネット。薄型のタイプも多くでてきていて、スペースに限りがあるエントランスにも置くことができる。薄型のタイプでも、キャビネットの上は飾り棚としても使える。来客をお迎えするエントランス。ちょっと飾って、おもてなしに、住んでいる人も便利に活用して見よう。

シューズキャビネットの脇に姿見を壁掛けする。靴を履いて全体のコーデをチェックする時、お出掛け前の身だしなみチェックに必要な姿見。シューズボックスの下部に鏡下を合わせて、鏡の上部に合わせて棚をつける。ラインを揃えれば綺麗に納まる。シューズボックスの上には、額を重ねて立て掛ける。重ねることで奥行き感が出る。

大きめな写真をフレームが細く、黒の額縁に入れて壁にかけて飾る。フィンランドの伝統装飾、ヒンメリからインスピレーションされた壁掛けのキャンドルスタンドを写真の脇に配置。キャンドルスタンドを配置する事でデコレーションにリズムが生まれる。シューズボックスの上には、シンプルなフォルムのマットブラックな一輪挿しを飾る。

棚やフックなどをつけて、使い勝手も良く。ウォールステッカーで来客をお出迎えするメッセージを入れて。

花とキャンドル、鏡だけのデコレーション。デコレーションアイテムを少なくしてシンプルにスッキリとさせる。バランスの取れていない間が空いてしまうと貧相になってしまうので、花はボリューム感の出るものにする。ユーカリ、コデマリなどでも。

本を重ねて台のようにして、フォトスタンドを置く。高さが出て、凹凸感も出るから、エントランスでも試して見たい。

シューズキャビネットはコンソールやキャビネットよりも高さがある場合が多いので、シューズキャビネットの上に置いて飾る場合は、背の低いデコレーションアイテムを選ぶ。アイテム数が少なくても、高低差をつけて、三角形を作るように飾って。また、目線が上に行き過ぎないようにシューズキャビネットの脇には黒い長靴もデコレーションの一つとして飾る。

お客様をお迎えするエントランス。シューズキャビネットの上も飾ってお出迎えしよう。



◀前のページにもどる
◀ホーム


COMMENT ON FACEBOOK